ユーザー数も毎年順調に伸びていて、市場が広がっている個人のLINEスタンプ作成。とはいえ、一度やってみたいと考えたことはあるものの、デザインの経験もない。。。と諦めてしまった人も多いのではないでしょうか?
そんな人に朗報です。実はLINEスタンプは何も自分でデザインしないと作れないわけではないのです。
今回はそんな方法を、初めてLINEスタンプを作る!という人に向けてご紹介したいと思います。

自作で書いた絵をスタンプにする方法
LINEスタンプを作る方法は、何もPCでイラストレーターなどの特殊なデザインソフトを使用して作るだけではありません。自分で実際に紙などに書いた絵を使っても良いのです。
とはいえ、ただ紙に書いてLINEに送るだけでは審査を通すことはできません。審査に出すためには加工アプリなどを使用する必要があります。
例えば、自分で書いた絵を写真でとって加工アプリで切り取りなどの加工をすれば審査に出すことも可能です。最近では、LINEスタンプ作成用のアプリなども出ているので、そのようなアプリを使うのも一つの手でしょう。

絵が苦手な人は外注もできる
自作で絵をかくほど絵心がない人には外注もおすすめです。たとえば、スタンプファクトリーなどを使えば、格安でプロに作成を依頼できます。
しかも自分はイメージを伝えるだけでも大丈夫なのです。